+留学

ニュージーランド留学

ニュージーランド

国土の広さや形も日本とよく似たニュージーランド。本州と九州をあわせたくらいの国土ですが人口は日本の1/以下でのんびりとした風土が特徴です。ヨーロッパ系の人種が8割程度を占めているため、オーストラリアよりイギリス文化の影響が強く残っていますが、アジアからの移民も多く親日的です。日本語や日本文化はとても人気があるため、日本人にとっては生活しやすい国なんですよ。


ニュージーランドへの留学

メリット

「地球の箱庭」と呼ばれるほど凝縮された美しい自然が魅力のニュージーランドではこの国でしか診ることの出来ない、キウイなどの珍しい動植物を見ることが出来ます。また、経済的にも安定し、治安も非常に良いことから、海外留学初心者や、高校生の交換留学などでも勉強しやすい環境といえます。自分達の家庭、マオリの文化を大切に感じるニュージーランドの生活習慣は、便利であわただしく生活する日本人が失ってしまったものを取り戻してくれるかも知れませんね。

留学制度

中学・高校・専門学校・大学・大学院など、長期間就学する場合には、他の多くの国と同様に学生ビザが必要となります。しかし、3ヶ月までの滞在中に学校へ通う短期留学であれば、学生ビザを取得する必要はありません。また、小学校や中学校などでは、親や兄弟が学校と一体となって授業を行う事も多く、義務教育期間中にはマオリの文化や歴史等も授業に取り入れられています。

留学準備

情報収集

留学制に対するビザの取得や語学学校の紹介などを行うエージェントや情報サービスセンターは、日本に拠点を置くところと、オークランドやクライストチャーチなどの都市部に拠点を置いているところがあります。現地のみにオフィスを置いている会社では、無料で受けられる語学学校紹介サービスや伝言板など生活に役立つことを色々と利用することができます。ワーキングホリデーメーカーなども数多く利用しているので、自分の必要に応じて利用できるところを見つけておくと良いでしょう。

スポーツ留学

アウトドアや自然を利用したスポーツでも人気の高いニュージーランドでは、スノボー・スキー・ゴルフなどスポーツ留学も盛んです。技術の向上を目的に留学する方法もありますが、私立の語学学校の中には、スポーツ専門のポリテクニックや専門学と提携して授業の中に取り入れているところもあります。学校を選ぶ時にしっかり情報を集めておけば、語学留学とスポーツ留学の両方を実現させる事もできますよ。

学校の特徴と選び方

語学留学

留学生の他に英語圏以外からの移民も多いニュージーランドでは、大学付属の語学学校・専門学校付属の語学学校・私立の語学学校の3つに別けることができます。大学や専門学校付属の場合、一定のレベルに達すると、大学・専門学校への入学資格を得ることができます。そのため、学習レベルはある程度厳しかったり高いところが多いので、しっかり学習したい人にお勧めです。大学の体育館やカフェなどの施設を利用できるのも便利ですよ。

ポリテクニック

日本の専門学校や職業訓練校のような専門高等機関で、公立校は約25校、私立は語学学校に併設されているものも含めると多数あります。様々なスペシャリストを育てる教育期間なので、学習内容や目的に合わせて2〜4日で資格取得ができるものから、3〜4年の期間がかかるものもあります。修了後には4年生大学修了と同等の学士号を取得できるところや大学院への編入が可能なものもあります。

大学・大学院

国内には7つの国立大学がありますが、その全てに大学院があります。大学では一般教養課程はなく、専門分野がはっきりとしているのが特徴です。修学期間は3年で修了すると学士号を取得することができます。しかし、大学の数が少ないニュージーランドでは、留学生が入学することは狭き門です。特に英語力が足りないという人は、語学学校が併設されている大学の語学学校に入学するというのもお勧めです。