+留学

中国留学

中国

急激な発展を遂げている国なので、数年の間に状況がガラッと変ってしまうかもしれませんが、全体に勢いがあるため活気が満ち溢れている国です。大都会の部分とどこか懐かしい風景が多く残る田舎が混在している隣の国は、私たちにとっても魅力溢れる不思議に満ちています。日本とも関係の深い国ですので、留学することで新たな日本を発見する事もできると思いますよ。


中国への留学

メリット

他の国に比べると物価があまり高くないため、大きな都市部に留学しても比較的費用が少なくてすみます。また、国土が広く地域によって様々な言語や文化が発達しているので、一つの国にいながら全く違う国にいるような経験をすることができるのも魅力的です。自分のやる気次第では、様々なインターンシップ行うことができますので、色々なことにチャレンジしてみてくださいね。

留学制度

中国では中国語検定試験「HSK(漢語水平考試)」というものがあります。英語で言うとTOEFLのような語学力の能力試験で、留学生の場合この試験の成績を学校の入学基準としているところもあります。また、大学には海外からの語学力が十分でない留学生に対して「進修生」という形で受け入れることがあります。中国では語学力が大変重視されますので、漢語の進修生として大学で中国語を学び、同じ大学の大学入試を受けるという方法を利用するのもおすすめです。

留学準備

情報収集

他の国々と同じく、中国留学を斡旋する会社やエージェントは沢山あります。留学生や移民が増えているため斡旋会社の競争も激しくなっていますが、中には高い金額だけ要求して実際学校へ行ってみるとほとんど日本人だけしか生徒がいないという事もあるようです。短期の個人留学の場合には斡旋業者を頼らざるを得ない事もありますが、サポート料金が何十万も必要だったり、する場合には怪しいと考えたほうが良いでしょう。できれば、元留学生から直接話を聞く場をみつけて情報収集することをおススメします。

費用

海外からの留学生が多く集まる上海や北京などの大学で勉強することを考えた場合、年間20〜50万円前後の学費が必要になります。日本に比べるとあまり高くないと感じるかも知れませんが、寮がない学校も多いので生活費や滞在費を合わせると100〜150万円は準備しておく必要があります。地方の学校になればなるほど学費は安くなりますが、標準語を学びたいという場合にはあまりおススメできません。標準語に近く比較的費用も低く抑えられるのは天津や台湾などの地域がいいかもしれませんね。

学校の特徴と選び方

語学留学

中国語を学ぶための語学学校や熟のような私立の学校では、会話を中心に教えるコースや大学・就職のためのHSK用の対策コース、短期留学者のためのコースがあります。大学への進学を考えている人の場合には、1年程度HSK対策コースや大学準備コースがある学校でしっかり語学力を身につけるのがポイントです。また、海外から仕事で中国へ来ているという人や標準語以外の中国語を勉強したいという留学生も多いため、広東語や北京語などが勉強できる所もあります。自分に必要な言葉を学べる学校を選ぶのがおすすめです。

大学

大学や専門学校では、本科に就学する「正規の留学生」と「一時的な留学生」扱いになる進修生とに分けられることが多くあります。正規の留学生と認められなければ、卒業証明書がもらえなかったり学歴として認められない場合も珍しくありません。さらに、学歴として認められないと、中国での就職が難しくなったり履歴書の学歴かけない場合もあります。本科に就学するためにはHSKのレベルを上げておく必要があるので、大学・専門学校などへの進学を考えている留学生は、こまめにHSKを受けて入学基準を満たしているか確認しておきましょう。